お知らせ

No Image

わくわく! 木育(もくいく)通信

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 ▲
▲▲▲     わくわく! 木育(もくいく)通信
 ‖                           第226号  2021/2/18
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    「木育(もくいく)」とは、子どもをはじめとするすべての人が

      「木とふれあい、木に学び、木と生きる」取組です。

    それは、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて

 人と、木や森とのかかわりを主体的に考えられる豊かな心を育むことです。

=================================第226号もくじ==================================
◆「木育ひろばinチ・カ・ホ」を開催しました
◆令和2年度農山漁村女性活躍表彰における「林野庁長官賞」の受賞について
◆STVラジオYouTube公式チャンネル「木村洋二チャンネル」で浦幌町観光PRのリアル・
 デジタル森林浴が配信されました
◆『「森と自然の育ちと学び」連続セミナー2021』オンラインの開催について
◆「木と遊び美術館」の開催について(再掲)
◆木育ファミリー便り
◆編集後記




■──────────────────────────────────────■
│「木育ひろばinチ・カ・ホ」を開催しました(札幌市)
■──────────────────────────────────────■
 令和3年1月23日〜24日にかけて、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)において、「
木育ひろばinチ・カ・ホ」を開催しました。今年度は新型コロナウイルス感染症対策のた
め、例年実施している木工体験等を取り止め、パネル展示や会場モニターでの動画放映な
どにより、10月に北海道で開催する第44回全国育樹祭や各出展団体の取り組み等について
、PRしました。

○開催日時:令和3年1月23日、24日 11:30〜17:00(24日は10:30〜)
○会  場:札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場(西)
○内  容:パネル展示
      動画放映
      パネルクイズ(各ブースのパネル内容から1問ずつ作成、計11問)
      →全問解答者には景品をプレゼント
       景品:おうちで作る豆皿キット(各日先着50名)
          植樹の日・育樹の日啓発グッズ(エコバッグ等)

主催:北海道、林野庁北海道森林管理局、公益社団法人北海道森と緑の会
協賛:北海道木材産業協同組合連合会
協力:北見木材株式会社、遠軽町、公益財団法人ニッセイ緑の財団、
   一般社団法人ガールスカウト北海道連盟、様似町、えりも町、
   フォレストデジタル株式会社、北海道芸術デザイン専門学校 


■──────────────────────────────────────■
│令和2年度農山漁村女性活躍表彰における「林野庁長官賞」の受賞について
■──────────────────────────────────────■
 木育マイスター第7期の澤田佳代子さんが、農山漁村男女共同参画推進協議会主催によ
る令和2年度農山漁村女性活躍表彰において、北海道から林業分野の若手女性チャレンジ
部門に初のエントリー、見事、次点にあたる優秀賞の「林野庁長官賞」を受賞されました

 澤田さんは平成27年に地域おこし協力隊としてニセコ町に移住。現在は地元にある木の
自然素材を生かした製品開発・販売を起業し、また、木育活動を通じて地域に貢献してお
られます。
 この度の受賞、大変おめでとうございます!

表彰の詳細については【農山漁村男女共同参画活動表彰】をご覧ください。
https://www.nca.or.jp/support/farmers/common/

なお、森林活用課のFacebook「北海道のmokuiku(木育)」でも受賞及び澤田さんの活動
内容等についてご紹介させていただいておりますので、合わせてご覧下さい↓
https://www.facebook.com/hokkaidomokuiku/


■──────────────────────────────────────■
│STVラジオYouTube公式チャンネル「木村洋二チャンネル」で浦幌町観光PRのリアル・
│デジタル森林浴が配信されました
■──────────────────────────────────────■
 十勝総合振興局森林室からのお知らせです。
 十勝総合振興局とタイアップ協定を締結しているフォレストデジタル(株)が、森林浴
を空間映像で体感(デジタル森林浴(無料))できる「うららパーク浦幌」を12月12日、
浦幌町にオープンしました。その後、浦幌町役場産業課が新型コロナウイルス感染症拡大
による観光客減少等の対策として企画した、YouTube「木村洋二チャンネル」の新企画「
レンタル洋二」を活用した浦幌町観光PR事業に、十勝森林室も協力し、リアル森林浴とし
て実施した道有林「留真散策の森」での森林散策のガイドを職員が務めました。
 この度、当日の様子がYouTube「木村洋二チャンネル」で公開されましたので、皆様も
是非ご覧下さい!

撮影日時:令和2年12月20日(日)11:00〜17:00
撮影場所:道有林十勝管理区「留真散策の森」、うららパーク浦幌

動画はこちらから↓
【STVラジオ木村洋二チャンネル】
https://www.stv.jp/radio/bangumi/kimurayoji/index.html
(動画名:【レンタル洋二#2-1】新たなオファーが!あなたのまちの広報大使
     『レンタル洋二』〜浦幌町編?〜)

フォレストデジタル(株)ホームページ↓
https://forestdigital.org/


■──────────────────────────────────────■
│『「森と自然の育ちと学び」連続セミナー2021』オンラインの開催について
■──────────────────────────────────────■
 国土緑化推進機構からのご案内です。

 近年、子どもの主体性・協調性・自己肯定感等の「非認知能力」等を育む観点からの「
保育・幼児教育」の質の向上や、子育て世代の「移住促進」、新たな「森林空間利用」の
促進等の多様な視点から、「森と自然を活用した保育・幼児教育」への関心が高まってい
ます。
 こうした中で、 2018年10月に設立された「森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク
」には、約120の自治体が参画するに至っています。
 そして2020年度には、「効果影響」「保育者等養成」「地方創生」「保幼小連携」4つ
のテーマで、学識経験者と自治体担当者等との対話を通して、新たに課題解決の理論・方
法論等を検討・整理する「森と自然の育ちと学びラボ2020」を開催しました。
 そこで、その成果を広く共有するため、全国の自治体・園等の先進事例や国内外の先行
研究を報告するとともに、多くの地域の関係者と意見交換を行うために「連続セミナー」
を開催します。

【日時】
 《第1回(効果影響)》 2021年3月2日(火) 13:30〜17:00
 《第2回(養成研修)》 2021年3月5日(金) 14:30〜18:00
 《第3回(地方創生)》 2021年3月8日(月) 13:30〜17:00
 《第4回(保幼小連携)》2021年3月9日(火) 13:30〜17:00
【会場】
 オンライン会議システム「ZOOM」、「YouTube」
【主催】
 森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク、(公社)国土緑化推進機構
【申込】
 以下の申込フォームからお申込下さい。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfZ0xLgew1di928nwCJ1VE4kZk58BBbC2vPY-
LCk7wbQs6aow/viewform
※上記フォームがご利用頂けない場合は、以下までご一報ください。
【お問合せ先】「森と自然の育ちと学び」連続セミナー2021 運営事務局
    E-mail:mori.shizen.net@gmail.com
【参考情報】
 ○「森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク」参加方法等はコチラ↓
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/244/jichitainetwork.html


各回のプログラム詳細等は国土緑化推進機構のホームページをご覧下さい↓
http://www.green.or.jp/


■──────────────────────────────────────■
│「木と遊び美術館」の開催について(旭川市)(再掲)
■──────────────────────────────────────■
 令和3年1月9日から令和3年3月31日までの期間、北海道立旭川美術館で「木と遊び美術
館」が開催されます。「木を素材とした造形作品」を収集方針の大きな柱とし、木をテー
マとした様々な展覧会を開催してきた北海道立旭川美術館。今回の展覧会では、「はこで
考える−あそびの木箱」展(’87、’92)など、これまで開催された展覧会出品作から、
「あそび」を感じる作品が紹介されます。あわせて、森の美術館「木夢」(西興部村)よ
り初代館長であり木のおもちゃの作家である伊藤英二(1932〜2012)の作品をはじめとす
る木のおもちゃや地域で活躍する作家の作品も展示されます。
 是非、足をお運びください!

●場 所:北海道立旭川美術館
     (旭川市常磐公園内)
●日 時:令和3年(2021年)1月9日(土)〜3月31日(水)
     【開館時間】午前9時30分〜午後5時(入場は閉館30分前まで)
     【休館日】月曜日(ただし1月11日(月)を除く)、1月12日(火)
●観覧料:一般800円、高大生500円、小中生300円
●その他:合わせて楽しむイベントも開催中↓(※内容は変更となる場合があります。)
  ○旭川農業高等学校の出張工作教室
  「スロープトイで遊んで、世界にたった一つの木琴を作ろう!」
    日時:2月27日(土)10:00〜、14:00〜(各約60分)
    講師:旭川農業高等学校のみなさん
                                    など

【主催】 北海道立旭川美術館
【共催】 北海道新聞旭川支社
【協力】 西興部村教育委員会・森の美術館「木夢」

詳細は、北海道立旭川美術館のホームページをご覧下さい。
(HP)http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/
(ツイッター)@Asahikawa_Art


■──────────────────────────────────────■
│木育ファミリー便り
■──────────────────────────────────────■

◇リレーエッセイ(木育マイスター/ようてい木育倶楽部 齊藤 香里さん)
========================================
◆お話の木(その4)お話の中の固有種 /前編

 まだまだ冬である。とくに今年の冬は寒い。外に出て行くのも億劫なので、私の森の探
索も、もっぱら本の中にとどまっている。それなら凍るような風雪に晒されることもない
し、転んで頭を打って脳外科に駆け込むような災難に見舞われることもない。ぬくぬくと
カウチポテトを決め込んで翠滴る森を散策する。これぞ、ステイ・アット・ホームの極意
である。今日もいそいそと冬山に散歩に出かけて行った、夫は絶対に賛成してくれそうに
ないが。

 ファンタジーの中には森や林が出てくるお話が多い。小人のお家は木のうろが定番だし
、主人公の子どもは馬に乗って、あるいは徒歩で、うっそうと茂る暗い森に突っ込んでい
く。夜になると焚火をして怖いモンスターにおそわれる。そういう場面にさしかかると、
ああ、いやだな、恐いな、と思いながらもわくわくする。
 ところが最近そういうお話を読み返しながらふと、邪念が差すようになってしまった。
暗い森って樹種は何よ?シュヴァルツヴァルトかしら?それならトウヒ?それとも年代物
のオークかナラの木もあり得るか。挿絵に木が書かれていると、何の木だろうと樹木図鑑
をめくってみたりしてしまう。でもその辺は著者も、挿絵画家もあまりこだわっていない
のか、それとも私の知識の乏しさが災いするのか、なかなか満足できる答えが得られない
ことも多い。昔、部活の先輩に、あんたはそういう細かいことにこだわり過ぎる、おとぎ
話なんだから現実にないものが出てきて当然じゃないかと言われたっけ。それはそうなん
だけど…。

続きは・・・http://mokuikufamily.jp


========================================


■──────────────────────────────────────■
│編集後記
■──────────────────────────────────────■
 記事でもご紹介しました「木育ひろばinチ・カ・ホ」について、私が主担当として準備
を行いました。夏頃から動き始め、当初はコロナの終息を期待しながら、例年どおり木工
体験等を行う方向で準備を進めていましたが、コロナの状況が好転しなかったことから、
年末にパネル展方式への変更を決めました。そのほか、今年はパーテーションで会場を囲
い入口・出口を定めたり(例年であれば出入り自由)、入口での消毒・検温・受付(連絡
先の把握)等を実施したり、会場への入場人数を制限したりなどのコロナ対策を取りなが
らの開催となりました。
 当日は、チ・カ・ホ自体の通行量も少なかったほか、受付して入場というハードルが高
かったのか(「受付あるなら、やっぱりやめます」というお客さんも少なからずいらっし
ゃいました)、来場者数は例年の10分の1以下でした。また、お子さん連れの方が極端に
少ない印象を受けました。どうしても例年の賑わいと比較してしまい、寂しさやもどかし
さ、コロナ禍でのイベント開催の難しさを感じました。その一方で、クイズを実施したこ
ともあってか、入場いただいた方にはじっくり会場を見て回っていただけた方が多く、「
ゆっくり見れて良かった。たまにはこういうイベントも良いよね。」というようなお声も
いただきました。また、「毎年来てます!」という方も複数来場され、非常に励みになり
ました。
 本メルマガをご覧いただいている皆様の中にも、イベント開催に苦慮されている方が多
いかと思いますが、色々な制約の中でも工夫をしながら、少しずつでもイベントが再開さ
れていくといいな、と願っています。

では、また次回!


 ☆次号は3月18日(木)の配信となります。


********************************************************************************
 ☆北海道の『木育』のホームページ
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/mokuiku

 ☆『北海道のmokuiku(木育)』Facebook
  https://www.facebook.com/hokkaidomokuiku/

 ☆木育ファミリーのホームページ(新)
  http://mokuikufamily.jp

 ☆木育ファミリーのホームページ(旧)
  http://www.mokuiku.net

 ☆『木育next10』Facebook
  https://www.facebook.com/木育next10-1537338789827837/
********************************************************************************
 木育イベントの企画・運営は、『木育マイスター』にご相談ください

 ◎詳しくは、北海道の『木育』のホームページ
   >「木育マイスター」
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/mokuiku/meister/top.htm
*******************************************************************************

 「木育」の活動や、「木育」への想いなどをお寄せください。
 また、「こんな活動もやってるよ!」「イベントやります!」といった情報提供も大歓
迎です!
 お待ちしています。
 suirin.katsuyo2@pref.hokkaido.lg.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 発行:北海道水産林務部森林環境局森林活用課
 ◆お問い合わせはこちらまで→suirin.katsuyo2@pref.hokkaido.lg.jp
 ◆メールマガジンの購読・配信停止等の手続きはこちらで
  http://www1.hokkaido-jin.jp/mail/magazine/

 ◆このメールマガジンは等幅フォントで見ることをおすすめします。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
********************************************************************************

 ☆「北海道・木育(もくいく)フェスタ2020」のホームページ
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/fest/2020sougou.htm

  木育フェスタに関連するイベント情報などを掲載しています。
  こちらも是非ご覧ください!

********************************************************************************

 ☆「第44回全国育樹祭 育樹等行事」のホームページ
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/zij/ikuju.htm 

  第44回全国育樹祭に向け、より多くの方々に育樹の大切さを体感いただくため、育樹
等行事(圏域木育フェスタ)を開催しています。
詳しくは、育樹等行事(圏域木育フェスタ)のホームページをご覧ください。


********************************************************************************
◇◇北海道公式ツイッターによる情報発信◇◇
 道では、公式アカウントとしてツイッターによる情報発信を行っています。
最新の道政情報をはじめ、旬の北海道の魅力について情報発信しています。
ツイッターアカウントをお持ちの方は、ぜひ、ツイッターのフォローをいた
だくとともに、おすすめ記事のリツイートや、お気に入り登録をお願いします。
▼北海道庁広報ツイッター「PrefHokkaido」はこちらです。
 https://twitter.com/PrefHokkaido/
▼ツイッターに関するお問合せは、広報広聴課まで
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/toiawase/index.htm
▼新たなキャッチフレーズ『その先の、道へ。北海道』
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/kotoba/catchphrase.htm
▼北海道のメールマガジンDo・Ryoku(動・力)
 http://www1.hokkaido-jin.jp/mail/magazine/
▼北海道庁ブログ「超!!旬ほっかいどう」
 http://plaza.rakuten.co.jp/machi01hokkaido/
▼北海道庁インターネット放送局「Hokkai・Do・画」
 https://sites.google.com/site/hokkaidouchotv/
********************************************************************************

  • [登録者]わくわく! 木育(もくいく)通信
  • [言語]日本語
  • [エリア]北海道 札幌市
  • 登録日 : 2021/02/18
  • 掲載日 : 2021/02/18
  • 変更日 : 2021/02/18
  • 総閲覧数 : 31 人